fc2ブログ
QLOOKアクセス解析 無料カウンター

選出から見た構築

 単刀直入に言うと、六体から四体選ぶ際、対戦前から四体決まっていてその先発・後発で全ての互換が出来ているなら四匹だけでいいと考えます。

 もちろんそんな甘いゲームではないですからそのような事はありません。しかしあまりに選出幅が広く自由度が高すぎるのも問題です。今回はそんな記事です。

 パーティを組む際、軸(エース)になったポケモンが最も選出されるのが一番良いと考えます。ニョロトノ+キングドラからパーティを組み始めたのならこのポケモン二匹が一番選出率が高くなるようにします。もっと突っ込んだ事を言えばニョロトノ+キングドラが先発に二匹置かれた状態を想定して、どういう選出をされたときに困るのかを考え後発を決めます。
 例えば バンギラス ドリュウズ vs ニョロトノ キングドラ という選出だった場合は天候は取れず何らかの後発が必ず必要になります。イメージで後発しやすいのはカポエラー、ボーマンダなど主要の物理技を半減しつつ威嚇を持っているポケモンやローブシンなど物理耐久に優れた格闘などが候補に挙がります。
 また根本的な解決策としてニョロトノが黒い鉄球を持つという選択肢が上がります。この場合は相手の鉄球を持ったバンギラスだけに対して後発を考えればよいと言えます。(逆にいえばバンギラスを普通のニョロトノとほぼ同じように考えなければならないので鉄球ニョロトノはあまりいないのかもしれません)

 なお、組み合わせを上げてブログを書いているのはこの際の想定する先に使えるという意図(自分が忘れないためもあります)があります。人が使っている組み合わせだろうが、なるべく豊富な組み合わせが見る事が出来るブログにしていきたいと考えています。

 話がそれましたがこのような想定の他に、良く後発されるポケモンを考えておく必要があります。ニョロトノ+キングドラであればナットレイやカビゴン、ユキノオーなどがそれに当たります。これらのポケモンに対しては、ユキノオーのみ強いポケモンよりはそこそこ強いというイメージで対策を広く行うポケモンが求められます。しかし最初に行った先発から後発の流れで使用したポケモンがカバーしている事も多いので、どちらかと言えば漏れが無いかを調べるといった作業に近いです。
 後発から出されて困るポケモンは先発で出されると、より脅威である事が多いです。先発で出しにくくなるようなポケモンを入れるのも一手です。このような考えの場合は組み合わせが戦術に含まれるような(依存度が高いような)ポケモンが効果的で、第二のパーティの要として活躍してくれる場合もあるのでお勧めです。

 ここら辺をある程度詰めたなら一度レート戦やフリー戦などで回した方が効果的な事もあります。想定していない持ち物や技、何より組み合わせがあった場合考え直しが必要になってきます。

 パーティの欠陥が見つかった場合はまずその欠陥がどのようなものであるかを考えます。負け試合の見極めという事で明日にしたいと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pokemontrain

Author:pokemontrain
https://twitter.com/pokemontrain
中の人はここにいます。呟いた事のまとめだったり。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR